お茶を啜りつつ・・・

ブログやるならJUGEM

<< 東海道新幹線、一時運転見合わせ | main | 南アフリカ与党党首の訴追断念 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
一茶の2句、新たに発見

一茶の2句、新たに発見 長野の記念館が自筆を確認

 江戸時代の俳人小林一茶(1763―1827年)の、これまで知られていなかった俳句2句が記された「句日記」の一部が、11日までに新たに見つかった。出身地の長野県信濃町の町立一茶記念館に、句日記が張られた掛け軸が県内の骨董店から持ち込まれ、筆跡鑑定などで一茶自筆のものと判定した。>>続きを読む

 俳句は「菜の虫ハ化して飛けり朝の月」と「羽根生へてな虫ハとぶぞ引がへる」で、架空の美女「玉藻前」の昔話に対し一茶が抱いたイメージを詠んだとみられる。

| 文化 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:41 | - | - | pookmark |









http://poyonwin.jugem.jp/trackback/82
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 訪問者数
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ